国王と七音の旋律 ~ムジーク王国記II~

国王と七音の旋律 ~ムジーク王国記II~
Purchase Limit:
3

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 1 days
    650 JPY

文庫(A6)★表紙ベルベットPP加工 / 174P / 650円(手数料込み) 南方の小さな国、ムジーク王国。 年に一度開かれる『創樹祭』の準備に、兄弟たちは大忙しです。 そんな中、国王トーンは十種類の精霊との対話を成功させるために、猛勉強を始めましたが―― 国王ときょうだいたちが織り成す、ほのぼのファンタジー小説の第2巻。 ---------------------------------- 【あらすじ】 ◆第4話 国王と十色の精霊(書き下ろし) 即位の日を記念する式典、『創樹祭』。 国王トーンは自ら執り行う祭祀、『誓言の儀』のために、十種類の精霊とそれに伴う言語を猛勉強中。弟妹たちも、この大事な式典のために準備を進めてくれています。 まばゆい光の祭典、その足元で、小さくも暗い影が蠢いていることに、トーンは気づくことができるでしょうか。 ◆第5話 騎士と守護の誓い(テキレボ5公式アンソロジー『嘘』 参加作品の完全版) ムジーク兄弟の次男シャープは、騎士団長として遠征に出ていました。 主君の御身を離れることになる唯一の任務。心の奥に影を落とす不安が今回はやけに膨らんでしまう、その理由とは。 ◆第6話 国王と平和への祈り(書き下ろし) 長らく目を瞑ってきたスラムの問題が明るみに出て、苦悩する国王トーン。 髪の色にまつわる差別と、それに抗う人々。大切な民どうしの諍いに心を痛め、何とかできないかと試行錯誤しますが、なかなかうまくいきません。修道院のシスターで妹であるレミーを巻き込んで、おおごとに発展してしまいます。 そして迎える『創樹祭』当日。トーンはしがらみからの解放を願い、精霊の王へと向き合うのでした。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

文庫(A6)★表紙ベルベットPP加工 / 174P / 650円(手数料込み) 南方の小さな国、ムジーク王国。 年に一度開かれる『創樹祭』の準備に、兄弟たちは大忙しです。 そんな中、国王トーンは十種類の精霊との対話を成功させるために、猛勉強を始めましたが―― 国王ときょうだいたちが織り成す、ほのぼのファンタジー小説の第2巻。 ---------------------------------- 【あらすじ】 ◆第4話 国王と十色の精霊(書き下ろし) 即位の日を記念する式典、『創樹祭』。 国王トーンは自ら執り行う祭祀、『誓言の儀』のために、十種類の精霊とそれに伴う言語を猛勉強中。弟妹たちも、この大事な式典のために準備を進めてくれています。 まばゆい光の祭典、その足元で、小さくも暗い影が蠢いていることに、トーンは気づくことができるでしょうか。 ◆第5話 騎士と守護の誓い(テキレボ5公式アンソロジー『嘘』 参加作品の完全版) ムジーク兄弟の次男シャープは、騎士団長として遠征に出ていました。 主君の御身を離れることになる唯一の任務。心の奥に影を落とす不安が今回はやけに膨らんでしまう、その理由とは。 ◆第6話 国王と平和への祈り(書き下ろし) 長らく目を瞑ってきたスラムの問題が明るみに出て、苦悩する国王トーン。 髪の色にまつわる差別と、それに抗う人々。大切な民どうしの諍いに心を痛め、何とかできないかと試行錯誤しますが、なかなかうまくいきません。修道院のシスターで妹であるレミーを巻き込んで、おおごとに発展してしまいます。 そして迎える『創樹祭』当日。トーンはしがらみからの解放を願い、精霊の王へと向き合うのでした。